2つの顔

私は、変態だ。

ずっと子供の頃からそうだった。

何度も、普通にとも思い努力も、多少したけど駄目だった。

快楽優先は、変態は治らない。

先日日記にも書いたが、最近拡張に一生懸命である。

ある目的があって始めたが、これが、また楽しい。

ただ、厄介でもある。

拡張は、風呂場をメインに脱衣場、トイレを使う。

昔は、寝室が2階で子供も早く寝たので、夜中に気軽に出来た。

今は、寝室は1階、娘は夜が遅く、なかなか機会がない。

先日の日曜日は、来年成人式を迎える娘が、買った着物を着て写真を撮る、前撮りだそうだ。

私は、一応変態ではあるが、父親でもある。

前撮りに私は、運転手以外、不要な存在だ。

しかしながら、運転手は結構大変なのだ。

早起きして、ちょっとだけ仕事を済ませた。

それから朝食、その後大荷物と娘、妻を片道45分ほどあるターミナル駅近くの写真館へ送る。

私は、お客様と打ち合わせがあるので、自宅に戻る。 

ここで、2時間近く空き時間がある。

しかも、絶対誰も来ない。

情けない話しだが、我慢出来ない。

一人遊び、ハードな拡張をしてしまった。

その時は、我慢が出来ないし、真剣にやる。

かなり、楽しい。

しかし、終わると、何をしてるのだと自己嫌悪。

それでも、悩む暇はなく、打ち合わせ、帰宅後道具をかたして、再びターミナル駅へ。

その後、妻、娘と合流して、お互いの実家へ。

帰宅は、夜遅くだ。

なんとも、どうしようもない父親だと思うが、快楽を抑えることも出来ない。

このまま生きていくしかないのだろう。