東レw

....(この記事は面白いのだが

確認は取れていないと言うことで)

日本の経済の足かせ…経団連

生粋の朝鮮人だったのですね・・・

*****************************************************

A: 東レの会長の榊原定征=崔定征(1943〜)は、

2014年6月3日から経団連会長に就任した。

日本財界の韓国訪問団を引き連れてソウルに行ったときは、

毎回、得意満面になって韓国語をペラペラ喋ってます。

 2017年3月10日に失職する以前の

パククネ大統領に平身低頭しながら

日本財界人の面々を韓国語で紹介してました。

 テレビ・ニュースでも、榊原定征=崔定征が

韓国語でパククネ前大統領と対話しているシーンを

少しだけ報道してました。

B: 榊原定征=崔定征 は、パンチョッパリ(日韓混血)

舛添要一と違って、日韓併合時代(1910〜1945)

の100%朝鮮人の両親から生まれました。

この朝鮮人の両親は、朝鮮動乱初期の1951年に

「日本人になりすました方が得だ」と考えて日本国籍

取りました。しかし、この両親は、日本人に

帰化する意志はなく、反日左翼の思想を貫き、

少年時の榊原定征=崔定征に

「カネの力で日本人どもに復讐するのが、おまえの天命じゃ」

と言い聞かせて育てたという。

C: 合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品を

製造販売してきた三井グループの名門企業の東レは、

戦前の1926年に創業したが、榊原定征=崔定征に

代表される通名日本人(在日韓国人)たちによって

1995年に乗っ取られた。

1995年と言えば、阪神淡路大震災オウム真理教事件

国松警察庁長官暗殺未遂事件が起きた年だ。

D:「榊原定征=崔定征は、東レの社長・会長の座を

つかむために、朝鮮総連・韓国民団・暴力団・パチンコ業界

・芸能界の在日朝鮮人の人脈をフルに活用した。

さらに、韓国版CIAと呼ばれる韓国国家情報院の

人的・資金的な支援を受けてきた」と噂されている。

そして、「東レの出世争いのライバルたちは、

あらゆる方法で消された」と。

E: 朝鮮人を一人でも企業の中に入れると、芋ずる式に

朝鮮人を引き入れ、朝鮮人だけから成る「秘密の連絡会議」

が結成され、企業が乗っ取られてしまう。

 しかも、これらの朝鮮人は、日本人のフリをしている

から、周囲の日本人たちは、その暗躍に気づかない。

実に恐ろしい社会現象だ。

F:「韓国とビジネスするには、女を抱かないとビジネス

にならない」って、黒田勝弘さんが本に書いてたな。

たしか、呉善花の本にも、そんなことが書いてあった。

韓国に取引に行って突然親韓派になって、交渉成立させる

企業のトップは例外なく女を抱かされてるそうだ。

自分の知り合いも、「韓国に交渉に行ったら、予約して

もらったホテルのベッドに女がいた」と言ってた。

(「女」とは、邪悪な「朝鮮人女」のことで

「キーセン」と呼ばれる職業売春婦を指す。)

G: 榊原定征=崔定征の名前の「定征」(さだゆき)

とは、「日本人をカネの力で征服する定め」

という狂った念願を込めて、

朝鮮人の両親が名付けたんじゃなかろうか。

H: 東レの会長の榊原定征=崔定征は、経産省の再三の

要請を無視して、韓国に最重要技術を移転した。

また、東レの研究所・工場は、弾道ミサイル技術の

心臓部を北朝鮮に提供した。このため、榊原定征は韓国の

「金塔産業勲章」を、東レ経営研究所社長の

飯島英胤は韓国の「光化章」を受章した。

Posted by o at 2017年09月09日 01:50

#スパイ防止法の無い日本の危機:東レ

青山議員質問の真意

東レ経産省の再三の要請を無視

韓国→北朝鮮ミサイル開発成功

中空カーボンファイバーは、最先端技術

榊原 定征:元東レ会長 経団連会長

韓国「金塔産業勲章」受賞

飯島 英胤:元東レ経営研究所社長 韓国「光化章」受賞

http://takarin7.seesaa.net/article/453435545.html