私の全てを受け入れる

私の全てを受け入れる。

悪いところも、全部受け入れる。

(正しくは、今の私の価値観で、「悪いところ」とみなしているところ)

自分の全てを受け入れて、それをジャッジしない。

悪いところも、嫌なところも、

全部受け入れて、それをジャッジしない。

ただ、受け入れる。

私は、今の私のままでいい。

それだけ。

そして、

私の嫌いなあの人も、この人も、

私の価値観によると「間違っている」と考えられる、

あの人も、この人も、

みんな、そのままでいい。

ただ、その人がそうであるという事実があるだけ。

そして、それをジャッジしない。

みんな、そのままでいい。

昨日、歌手の安室奈美恵さんが、引退すると発表した。

テレビなどもここ数年は、出なくなっていたし、

彼女は、自分軸で動いている人なんだな、と思った。

私みたいに、特にファンでもないし、

コンサートに行くこともない人間にとって、

テレビで歌ってもらえないのは、寂しいけれど、

彼女がそうしたければ、そうすればいい。

今の私は、そう思えるようになった。

そして、ファンのことよりも、自分の人生だから、自分優先の考え方で、自由にいつ引退してもいいのだけれど、

彼女のその決断が、

一般市民の一人である私の背中を押してくれたりする。

とことん自分優先の考え方をしている彼女を見ていると、

あぁ、自分の人生なんだから、

他人に遠慮せずに、自分の思うがままに、自由に、自分の人生を決めてもいいんだよなぁ、と

当たり前のことを、改めて彼女が教えてくれる。

自分のために、自分優先の生き方をすることが、

誰かの役にたってたりするのだ。

あと3ヶ月。

あと3ヶ月の辛抱だ。

もう今の場所は、我慢できないし、

これ以上我慢しなくてもいい。

今の自分に満足しているか、

常に自分に問いかけよう。

自分にとって、無理のない状態でいれるように。

自分が満たされている状態にいれるように。

私は、私を幸せにしてあげるべく、努力する。

私を幸せにしてあげられるのは、

自分だけだから。