お盆

もちろん「トレー」のことではない。

頭がファンキーになった親父と

体がR&Bのおふくろ

(注:意味はとくにない)

だから、今年はお盆もしっかりと準備させていただきました。

毎年のことながら

これは仏教なのか

風習なのかよくわからないが

「辻」(我が家はそういうが、「砂盛り」というところもあるらしい)をつくる。

これがほんとに興味深い。

おふくろの生家は農家だったため

辻もさることながら

仏壇から飛び出てきた、テーブルいっぱいに広がる世界が

ワンダーランドだった。

きゅうりの馬

なすの牛

さらにそうめんがかけられていて

必ずすいかもあった。

そんなお盆が好きだった。

「ザ・夏休み」という感じがするからかな・・・

こんな準備を見るとするでは大違いで

お金も時間もホントにきつくなってきた。

親父は

「明日は○○さんち、(車に)乗っけてけえろ」

って簡単に言うけど、俺出勤なんだけど・・・

仕方なく、休みを申請

仕事は今日少しやっておいた。

こんなことをして

大人になるのかな・・・

蒸し暑く

また変な汗が流れる