avengers bizon

最近、AK系の収集率が上がっています。

理由は「AK系が好きだ」とか「AK系の性能が高い」とかでは無いんです。

ただただ、AK系に変わり種が多いから。

このBIZONも十分変わり種と言えますね。

各社から販売されているBIZONの中でもこのAVENGERSのBIZONは変り種で、中華AK主流の耐久性、拡張性に優れたメタルフレームでは無くプラフレームなのです。しかも、マルイコピーでは無くメタルフレームの形状をベースにしたプラフレーム。

プラフレームでもファイバー入りの強化タイプです。

このフレームのおかげで少々整備性は悪くなっていますが、その分軽くなっているので気に入っています

AK系に限らず最近はプラフレームがマイブームです

BIZONの特徴はその大きなマガジンです。AVENGERSのBIZONでは多弾マガジンになっています

実物の使用弾が違うのでトップカバー・セレクターレバー・コッキングレバー・チャンバー等が専用部品になっています

ストックは折り畳み式でプラ製です

ストック固定金具とピン以外はプラですが思ったよりしっかりしてます

ハイダーとアウターバレルがアルミでフロントサイト周りがダイキャストでチープな感じはしないですね

それでは内部を見ていきます

基本はAKと同じですがフレームの関係でメカボックスの取り出し手順が少し変わってきます

トップカバーを外してカバーのキャッチを押し込み、キャッチ・シャフト・スプリングを後方へ抜きます

コッキングレバーは画像の位置に持ってくると上方に抜けます

セレクターレバーのネジをペンチ等で優しく取ります。私は小さいペンチで回そうとしたので傷だらけになってしまいましたので、しっかりと咥えられる道具で優しく回してください

グリップ底部のネジを外してグリップを取ります

次にアウターバレルを取ります

リアサイトの下の方にあるピンを画像にある側から押し込んで抜きます

アウターバレル下面の芋ネジを緩めます

アウターバレルにチャンバーを固定しているネジ2本を抜きます

これでアウターバレル・ハンドガードが外せます

メカボックスとバレルを斜めにずらして抜き取ります

これで分解ができました。

とりだしたメカボックスです

モーターホルダーを外します

すると普段見ない所にシムがありました

このシムの理由は後程わかる事になりました

このメカボックスを止めているネジはT9のトルクスネジでした。整備の際に面倒くさいのでこの後プラスネジに交換しています

ピストンを開放してからストッパーレールを配線を傷つけ無いように抜いてネジを外してメカボックスを開けます

一般的な中華メカボックスな感じですね。そのままでも使えない事は無いですが、長く使うなら洗浄・グリスアップ・シム調整をした方がいいですね

JPバージョンなので初速は90m/s程度に調整されていましたがシムはガバガバでした

軸受は仕上げがあまり良くないように思えたのでベアリングに交換します

シリンダーは加速スリットが大きいもの。ノズルはOリングなし・シリンダーヘッドのパイプは内径の小さい物が使われていました

シリンダーヘッドの絞りは要らないので交換します。いつもはノズルも交換するのですが今回はノーマルのノズルをそのまま使用してみます

ギアはタペットプレートの開放延長用の突起があるものです

ピストンはテーパーの付いたものです。このての物の方が安定するような気がします

ベアリングに交換する際にメカボックスのペイントが厚かったのでペイントを取ってますがベアリングがスカスカの所とキツキツの所があったので後日8mmにするかもしれません

チャンバーはAKのホップレバーを短くした物です。当然調整範囲は狭くなります

ホップパッキンは青色の少し固めのものです

矢印の所にカラーが入っているのでモーターの位置は固定され易いのですが、モーターが前後に少し長いので調整幅が少ないのとベアリングに交換したためシム調整の幅が少なくなってしまい、モーターの位置調整は円盤の厚みで調整しています

さて、メカボックスの間に挟んであった謎のシムですが、どうやらメカボックスとモーターホルダーがぐらつくので挟んであったようです

ですが、メカボックスの間に挟むのは抵抗があるのでメカボックスとモーターホルダーの間に入れる事にしました

あとは、ガラス管のミニヒューズは持って無いので平型ミニヒューズに変更。モーターにSBDをつけてみました

組み立ては分解の逆の手順で特に気を付けるところはありませんがフレームがリアサイトと一体になっている為にバレルとメカボックスを同時に組み込まなくてはいけないのでメカボックス後方の配線の取り回しを考えながら組み込むといいと思います

バレルを組み込んだあとはフレームの穴の中心にバレルが来ていることを確認してアウターバレルを付けていきます

軽量で装弾数の多いBIZONは急な出撃に重宝するかもしれません

今回は特にカスタムすることは無く、なるべくノーマルを使って調整してみました