7月27日

朝鮮戦争終結北緯38度線上の板門店で休戦調停に調印:1953年のこの日。朝鮮戦争は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争。1950年6月25日に北朝鮮が国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵攻したことによって勃発した。分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍と1949年10月1日に建国された成立間もない中華人民共和国が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化した後に荒廃させた。1953年7月27日に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。現在も南北朝鮮の両国間、及び北朝鮮アメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来\xA1

⊊ɺ𡌛閏膽腟楚楊蔚ο孫颪牢歷戮箸覆𡈽膣斂厩颪悗領龍擄⇔粒た坷箸里澆覆蕕宰し發鮃圓ど靂肋彳佑鯔嵌唎気擦討い襪世韻任覆咩〴攅颪籠䡄椶覆匹旅駝韻隣巴廚籃瑢紊鮃圓Δ覆匹旅坩戮魴ǂ衒屬靴討い襦\xA3

1953年に入ると、アメリカでは1月にアイゼンハワー大統領が就任、ソ連では3月にスターリンが死去し、両陣営の指導者が交代して状況が変化した。1953年7月27日に、38度線近辺の板門店北朝鮮中国軍両軍と国連軍の間で休戦協定が結ばれ、3年間続いた戦争は一時の終結をし、現在も停戦中である(調印者:金日成朝鮮人民軍最高司令官、彭徳懐中国人民志願軍司令官、M.W.クラーク国際連合軍司令部総司令官。なお「北進統一」に固執した李承晩大統領はこの停戦協定を不服として調印式に参加しなかった)。停戦協定は結ばれたものの、板門店がソウルと開城市の中間であったことから、38度線以南の大都市である開城を奪回できなかったのは国連軍の失敗であったとされる。(出典:今日は何の日、Wikipedia)画像は、軍事停戦委員会本会議場と「板門閣」(2009年8月、南側から)。