小山明子さんとチャコちゃんと三人で浴衣を仕立てることに。

小山明子さんから電話。「チャコちゃんと三人で浴衣を仕立てて、この夏遊びましょうよ」というステキなご提案である。一も二もなく乗った。さっそく、月末に浅草の呉服屋に三人で行くことになった。

澁澤龍彦夫人の龍子さんなどぼくと親しい未亡人はみんな溌剌として人生を謳歌している。小山明子さんは特に17年にもわたる大島渚監督の介護から解き放たれて、本当にイキイキとしている。これがもし先に小山さんが亡くなっていたら、大島監督はショボンとしていただろう。たとえば、失恋しても女性はそのときは落ち込むが立ち直るのも早い。大体、男のほうがいつまでも引きずっているものである。大島清さんという脳科学者がこんなことを書いていた。「女性脳はしたたか脳、男性脳は純情脳」。いささか男目線ではあるけれど。

浴衣を着て、どんな遊びをしようか。小山さんと話していると、いつも楽しい。