無駄うち

先日仕事で、知り合った方とお茶する機会があった。

先方は、私より2歳年上で、60近いのですが、お子さんは、一人娘で、まだ中学生だそうだ。

なんでも、結婚20年を過ぎて授かったそうだ。

きっと恐ろしく可愛いのだろうなぁと思う。

私も、ここまでではないが、結婚10年近くで、やっと子供ができた。

私は、そうでもなかったが妻はどうしても子供が欲しかったので、医者に通ったりもかなりした。

それで、6年ほど私的に言えば壮絶な子作りを体験した。

妻の排卵に合わせカレンダーに丸が、一日おきにつく。

その日は、強制的に子作りに励む。

互いに本当に辛かった。

起たない、濡れないになっていくし、その日が近くなると、会話も無くなってくる。

私は、帰宅拒否症ぎみになる。

結局出来なくって、通院をやめ、諦めたら暫くしてポロッと授かった。

子供がいなかったら離婚していただろうと思う。

だから、きっと良かったんだろうと思います。

私は、一人で充分だと思ったけど、どうしてももう一人という妻に負けた。

条件も良かった。

1年だけ、頑張る。

また、十万の小遣いつきで、2回海へ行ってよいとのこと、飛び付いた。

しかし、やはり凄く大変で、二人目は出来ましたが、私は、挿入恐怖症みたいになった。

その後、セックスが、出来なくなった。

ちょうどマゾとして、覚醒した時期でもあり、あまり不便も感じなかったですけどね。

そんな訳で、20数年女性の中で射精してない。

一時は、射精とは無縁のSMしてましたし、S女様は、普通はM男とはセックスなどしないから、本当に不便もなく、普通にマゾとして生きてこれた。

たまに、妻は大丈夫なのか、外で上手く間に合わせるのだろうかと、心配もした。

彼女は、熱心に宗教を信仰してるから、多分外では無いのかもしれない。

まぁ何とか家庭は成り立っているから、良しとしよう。

普通の話しから始まったのだが、最後はやっぱりこんな方向に行ってしまう。